セキュリティコンサルティング

貴社のサイバーセキュリティにおける課題を明確にし、
解決策を提案いたします。

サイバーセキュリティ、関連業法への対応ができない…

・サイバーセキュリティは専門性の高い分野でわかりにくい。。。
・専門性のある人材を内製で確保、育成し続けるには恒常的なコストが膨大にかかる。。。

パイプラインの深い知見と高い専門性を持った経験豊富なコンサルタントが貴社のセキュリティ対策を伴走支援いたします。

貴社に最適なセキュリティ対策をPipelineが伴走支援!

守るを最小化=効果を最大化

情報セキュリティのポイントは、「守るべき対象を明確にし、できるだけ少ない場所に限定し、正しく守る」ことです。Pipelineでは、深い知見と高い専門性を持った経験豊富なコンサルタントが最高水準のアセスメントを実行し、貴組織の課題を明確にした上で、優先順位をつけて、実装・対策をします。

Pipelineが伴走支援する、貴社に最適なセキュリティ対策。守るを最小化して効果を最大化しましょう。

セキュリティ対策(ロードマップ)の構築プラン(一例)

作成されたロードマップは貴社セキュリティ対策の羅針盤となり、投資規模にあわせながら優先順位ごとに方向性を確かなものにします。

分析・優先順位の決定​
監督官庁・業界の定めるガイドラインに準拠し、貴所に適したサイバーセキュリティ対策のギャップ分析をいたします。
現行の対策における技術的、またレギュレーション、規則としての不備を特定し、貴所、貴所クライアントへのリスクと潜在的を明らかにし、後続する対策の優先順位を支援いたします。​
アクションプランの策定​
分析フェーズで特定されたギャップから、監督官庁・業界の定めるガイドラインに沿った包括的なアクションプランを作成いたします(グランドデザイン策定、ロードマップ作成)。​
データ保護対策、アクセス管理、ポリシーと手順の更新など、具体的なステップに加え、主要担当者の割り当て(アウトソーシング可)、実施スケジュールを定め、必要なリソースの割り当ての支援をいたします。​
プラン決定後の対策の実施​
実施の具体例は以下となります:​
アクセス制御  - より強固な認証方法やロールベースアクセスなどの導入をする。​
データ保護- より強固な暗号化、保管、送信チャネルの採用。​
インシデント対応 -  サイバーセキュリティインシデントのプロトコル(特定、封じ込め、軽減す)を定義したインシデント対応計画を策定支援をいたします。​​
従業員のトレーニングと意識向上: 従業員に包括的なサイバーセキュリティ・トレーニングを実施し、セキュリティ意識の文化を醸成する。​
継続的なモニタリング・改善​
監督官庁・業界の定めるガイドラインに準拠し、上記実施予定の対策の有効性を継続的に監視〜評価〜改善するプロセスを確立、役割、リソースの割り当て支援をいたします(これによりガイドラインの変更にも対応)。​
進化するサイバーセキュリティ情報について常に最新情報を入手し、それに応じたセキュリティ対策の調整、実施を支援いたします。​

事業継続、経営のためのセキュリティロードマップ

生成AI等のテクノロジーの目まぐるしい変遷に振り回されることなく、投資規模に合わせた貴社へ最適な対策の提案をいたします。貴社は大切な業務へ集中いただけます。

事業継続と経営のためのセキュリティロードマップ。投資規模に合わせた最適な対策を提案します。

リスクアセスメント・脆弱性診断のみなどの部分的な発注も承っています。

パイプライン独自のフレームワーク・最高水準のアセスメントで貴社の課題を明確化します。

機密性(Confidentiality)
全性(Integrity)
可用性(Availability)
パイプライン独自のフレームワークと最高水準のアセスメントで貴社の課題を明確化します。機密性、完全性、可用性。

セキュリティ対策(ロードマップ)の構築プラン(一例)

作成されたロードマップは貴社セキュリティ対策の羅針盤となり、投資規模にあわせながら優先順位ごとに方向性を確かなものにします。

ネットワーク・​
脆弱性スキャン
nessus logo
対象システムまたはネットワークのスキャンを実行し、オペレーティングシステム、インストールされたソフトウェア、およびサービスの既知の脆弱性を検索します。 Nessusは既知の脆弱性のデータベースを使用して、攻撃者によって悪用される可能性のある弱点を特定します。​
Webアプリケーション
portSweigger logo
Webアプリケーションの脆弱性を評価するセキュリティテストツールです。手動および自動テストの両方に使用できるオールインワンソリューション。​
ブラウザとサーバー間で送信されるHTTPリクエストおよびレスポンスを傍受、検査。これにより、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの脆弱性の特定が可能。​
ネットワーク・​
脆弱性スキャン
naabu logo
監督官庁・業界の定めるガイドラインに準拠し、貴所に適したサイバーセキュリティ対策のギャップ分析をいたします。TCP・UDPの基本的なポートスキャンに加えて、各ホストで実行されているOS・サービスをフィンガープリントで特定することが可能。ネットワーク上に存在する可能性のあるセキュリティ脆弱性を特定できます。
IoTサーチ​
shodan logo
インターネット・オブ・シングス(IoT)およびその他のインターネットに接続されたデバイスに特化したサーチシステムです。インターネットに接続された多種多様なデバイスを発見することが可能。

脆弱性診断リポートの一部抜粋

概要
検知・検出された脆弱性の概要(製品・プロトコル・適用されている技術群等々)
リスクスコア
対象システムまたはネットワークのスキャンを実行し、オペレーティングシステム、インストールされたソフトウェア、およびサービスの既知の脆弱性を検索します。 Nessusは既知の脆弱性のデータベースを使用して、攻撃者によって悪用される可能性のある弱点を特定します。​
脆弱性を持つ貴社システム
検知・検出された貴社システムのIP・システム名・URL・パラメータ等々
脆弱性抽出手法・再現
検知・検出された脆弱性が貴社システムへどのように侵入、影響を与えるかを再現。
脆弱性による影響・解説
検知・検出された脆弱性が貴社システムへ与える影響の概略・説明。
脆弱性改善・推奨策
検知・検出された脆弱性をどのように軽減・防止する改善・推奨策の説明。

脆弱性診断の進め方(一例)

組織体制の事例

高周波数・プロセスのネットワーク【35MHz・不明】の起動的な分析により、機能的なネイバーネットワークを構築しの低遅延を排定波しをます-将賛リスクに関わるサイバーセキュリティのリスク・認識をゼロへ。

スマートセキュリティ
パイプラインを構築

組織における新たな知見・洞察を得ることで、意思決定とビジネスアクションをスピードアップさせます