IoT、サービスプロバイダー、通信事業者向けの
脅威インテリジェンス、Protective DNS(PDNS)、ポリシー管理のマネージドサービス

Vision

独自のウェブフィルタポリシーを構築

˃ スパムハウス・ 脅威インテリジェンス

˃ Surbl脅威インテリジエンス・ フィッシング

˃ Scamadvisor - 詐欺と偽情報

˃ オープンソースインテリジェンス (OSINT)

˃ サイバー情報共有プログラム

˃ 内部侵害指標(IOC)データ

˃ ホワイトリスト作成支援

˃ DNS over TLSに対応

˃ PI、DNS RPZなどとの統合
最も包括的な脅威インテリジェンスの運用結果から得られるドメインとIPに関する詳細な脅威情報を利用できます。
マルウェア、フィッシング、ランサムウェアに関するヘルプデスクへのチケット発行、対応のコストを削減します。
DNS DDI、ファイアウォール、ルーター、クラウドネイティブインフラのセキュリティポリシーを手動で設定する必要がなくなります。

Visionの3つのメリット

人と機械によって審査を受けた適格なデータをソースとして、IPアドレス、ドメイン、サブドメイン、およびURLの正確で信頼性の高いカバレッジを提供します。

包括的な脅威インテリジェンス

独自のセキュリティフィードを構築してネットワーク機器やアプリケーションに配布し、独自のセキュリティポリシーを定義することができます。

カスタムセキュリティポリシー

NGFW、DNSサーバー、ルーター、スイッチ、WAF、SIEM、クラウドアプリケーション、IoTデバイスなどのほぼすべてのポリシーを自動で更新します。

ネットワークとデバイスの統合

ビジョンアーキテクチャ

Visionのケーススタディ

サービスプロバイダー、携帯電話会社、ケーブルTV関係のプロバイダー、およびその他の事業者が抱えるお客様を守る支援をします。

ISP、Telcom、サービスプロバイダ向けに構築

消費者やビジネスユーザーを保護するための新しいセキュリティサービスの構築方法をご紹介します。
ライブデモをご覧いただき、製品に関するご質問にお答えします。
デモを予約する
© 2023 Pipeline.Pte.Ltd. All Rights Reserved