Inky

フィッシングやデータ漏洩を防ぎ、組織に合わせたモデルを学習して、最適なメールセキュリティを実現する
包括的な電子メール保護システム

当社のメールセキュリティは、巧妙なメール攻撃を効果的に軽減できる、クラウドベースの最先端のソリューションです

行動ベースのメールセキュリティソリューションは、今日のデジタル環境において極めて重要です。この先進的なクラウドベースのシステムは、ユーザーの行動を分析することで、メール攻撃を検知・防御します。従来のシグネチャベースのアプローチとは異なり、脅威を未然に防ぐための異常や疑わしい行動の特定に重点を置いています。

主な利点として、新たな脅威の早期発見、ソーシャルエンジニアリングへの対抗、ネットワークの認証情報の盗難の防止、マルウェアやランサムウェア攻撃からの強固な保護などがあげられます。

受信メールの保護

Inkyのメールセキュリティは、フィッシング、なりすまし、マルウェア攻撃など、メールベースの脅威から包括的に保護できるソリューションです。

Inkyの特徴

フィッシングは依然としてデータ漏洩の最大の原因であり、その手口はますます巧妙になっています。
Inkyは、高度なコンピュータビジョン、AI、機械学習を活用し、あらゆる形態のフィッシング攻撃を検知します。
  • バナーでリアルタイムに警告
    すべてのEメールに色分けされたバナーが表示され、リアルタイムで脅威状態を警告します。
  • すべてのデバイスを保護
    エージェントレスであらゆるデバイス、電子メールクライアントで導入可能です。
  • コンピュータ・ビジョン
    AIのアルゴリズムにより、人間がメールを開くようにコンピュータがメールを監視し続けます。
  • 魅力的なダッシュボード
    管理者は、ダッシュボードをフルカスタマイズすることができます。
  • ソーシャル・グラフ
    組織内または外部からのものであるかを問わず、なりすましを特定します。
  • 簡単なレポート作成
    導入から管理までシンプルに完結。導入・運用コストがかかりません。お気軽にお電話ください。
2022年、サイバー犯罪の被害額は18億ドルを超え、電子メールが主な攻撃手段となっている。

電子メールを媒介とするあらゆる攻撃から機密情報を保護し、
組織、従業員、データを守ります。

Inkyは、革命的なメールセキュリティソリューションです。
シンプルでありながら洗練され、コスト効率もよく、ITチームを迅速に支援します。従来のエンタープライズ向け製品の管理コストを軽減し、リソースの限られた中小企業にも最適なソリューションです。

Inkyの主な機能

わたしたち pipelineは質の高いサービスを通じて
お客様に価値を提供することを目標としています
  • 受信メールの保護

    フィッシングから防御し、リアルタイムで警告します
  • 送信メールの保護
    データ損失のリスクを管理し、重要な情報の流出を防ぎます
  • 社内メールの保護

    不正なアカウントアクセスからのメール通信を遮断し、社内のメール通信を保護します
  • メールの暗号化
    迅速かつ簡単な暗号化方法で機密情報を保護します。
  • 添付ファイルを高度に解析
    不正な添付ファイルを遮断し、ファイルに深く潜むマルウェアを特定します
  • グレーメール保護
    大量の電子メール通信を効果的にフィルタリングして、生産性を向上させます。

Inky - メールセキュリティーソリューションの仕組み

機械学習と人工知能を使って受信メッセージを分析し、フィッシング、スパム、その他の電子メールベースの脅威を検出します。

フィッシング防止と不正検知

Inkyの高度なAIアルゴリズムは、受信メールをリアルタイムで分析し、フィッシングを検出し、従業員や顧客をターゲットにした詐欺メールを特定することができます。

このソリューションでできること:

  1. 不審なメールにフラグを立てる: Inkyは、送信アドレスの偽装、不審なリンクや添付ファイル、機密情報の要求など、フィッシングの兆候を示すメールを識別し、フラグを立てることができます。これにより、従業員がフィッシング攻撃の被害に遭うことを防ぐことができます。
  2. 行動を分析する: Inkyは、メールの行動パターンを分析し、アカウントの漏洩や不正行為を示す可能性のある異常を特定することができます。例えば、ある従業員が突然いつもと違う宛先にメールを送り始めたり、メールの書き方が変わったりした場合、Inkyがアラートを出し、アカウントの乗っ取りやなりすましの可能性を詳細に調査します。
事例 1: 金融業界

HIPAAコンプライアンスとデータ保護

事例 2: 医療機関
Inkyは、医療機関がHIPAAコンプライアンスを遵守し、電子メールで共有される患者データを保護できるよう支援します。

このソリューションでできること:

  1. データ漏洩の防止(DLP): Inkyは、送信メールや添付ファイルをスキャンして、社会保障番号、医療記録、財務データなどの機密性の高い患者情報が、適切な暗号化や承認なしに外部に送信されていないか確認します。また、偶発的な開示を検出して防止し、HIPAA規制を遵守できるようにします。
  2. 安全な通信: Inkyのソリューションは、電子メール通信を暗号化した電子メール通信によって、医療従事者が組織内または外部の関係者と患者情報を安全に共有できるようにします。これにより、機密データは安全に守られ、不正アクセスからも保護されます。

メール通信をより安全に

InkyがEメールセキュリティ対策への最も賢明な投資であることをご理解いただけましたか?
ライブデモをご覧いただき、製品に関するご質問にお答えします。
デモを予約する
Pipeline Logo - Black
© 2023 Pipeline Inc. All Rights Reserved