Protective DNS(PDNS)が、マルウェア、ランサムウェア、フィッシング攻撃、ウイルス、悪意のあるサイト、およびスパイウェアを発生源でブロック。ネットワークをより安全に

ThreatIDR

脅威の特定・検知・対応

Protective DNS(PDNS)は、悪意のあるドメインへのアクセスを監視し、アクセスを防ぎます。また、マルウェア、ランサムウェア、フィッシング攻撃、ウイルス、悪意のあるサイト、スパイウェアがネットワークに侵入するのを防ぎ、シンプルかつ安全なネットワーク環境を実現します。
ThreatIDRは、オンプレミスおよびクラウド環境で利用でき、IoTデバイス、エンドポイント、サーバーなど、インターネットに接続できるあらゆるデバイスを包括的に監視し、有効なネットワークポリシーに基づいて通信内容を分析します。

ThreatIDRは、悪意のある通信を素早く検知することで、シンプルかつ迅速で効果的なハイレベルのセキュリティ対策を実現します。

企業のセキュリティチームが、サイバー脅威をリアルタイムで特定、検出、対応で可能に。

ThreatIDRの4つの特徴

脅威の可能性のあるエンドポイントからのアクティビティデータを監視、および収集します。
データを分析して、脅威のパターンを特定します。
識別された脅威を自動的に削除または封じ込め、セキュリティ担当者に通知します。
セキュリティ監査、コンプライアンス、疑わしいアクティビティの検索の履歴を保守管理します。

ThreatIDRのシステム構成

ThreatIDRのケーススタディ

国立大学
サイバー犯罪者は、最先端のテクノロジーを使用して大学のシステムを侵害します。 ThreatIDRは、大学内の通信を継続的に監視し、疑わしいサイバー攻撃を検出して自動的にブロックします。

国立大学

サイバー犯罪者は、最先端のテクノロジーを使用して大学のシステムを侵害します。 ThreatIDRは、大学内の通信を継続的に監視し、疑わしいサイバー攻撃を検出して自動的にブロックします。
データセンター
安全なデータセンターを提供し、幅広い顧客にサービスを提供することは、重要かつ大きな課題です。 スケーラビリティとセキュリティは、リアルタイムの更新による保護の自動化によって提供されます。

データセンター

安全なデータセンターとクラウドサービスを幅広い顧客に提供することは、重要かつ大きな課題です。 リアルタイムかつ自動的に保護することでスケーラビリティとセキュリティーを実現します。
通信
通信事業者は、膨大な量の機密データを通信・保管するための重要なインフラを開発・管理・運営しているため、サイバー攻撃の主要なターゲットとなっています。

通信

膨大な機密データを通信・保持し、広範囲に活用する重要なインフラを開発・管理・運営する通信事業者。サイバー攻撃の主要なターゲットとなる通信事業者をTheadIDRが安全に守ります。

あらゆるサイバー攻撃から組織を守る

スレットインテリジェンスについてのご質問や、より詳細な情報をご希望の方は、お問い合わせください。
ライブデモをご覧いただき、製品に関するご質問にお答えします。
デモを予約する
© 2023 Pipeline.Pte.Ltd. All Rights Reserved