サーバー、デスクトップPC、モバイルデバイス向けのAIを活用したリアルタイムなエンドポイント監視と保護

Fense

脅威の検知、完全性の監視、インシデントレスポンス、コンプライアンスのためのエンタープライズ対応セキュリティ監視ソリューション

サイバー脅威の高度化に伴い、脅威の検知と対処を迅速に行うために、リアルタイムでの監視とセキュリティ分析が求められています。フェンスは、インフラを監視し、脅威、侵入の試み、システムの異常、不適切に設定されたアプリケーション、および不正なユーザーアクションを検出することができるセキュリティ・ソリューションです。また、インシデント対応や規制遵守のための基盤としても機能します。 当社の軽量エージェントが必要な監視と応答機能を提供し、サーバーコンポーネントがセキュリティインテリジェンスとデータ分析を提供します。
脆弱性検出
コンテナセキュリティ
クラウドセキュリティ
規制への対応
インシデントレスポンス
セキュリティ分析
侵入検知
ログデータ解析
ファイル整合性監視
コンフィギュレーション評価

パフォーマンスの低下を防ぐ

以下は、エージェントの中核となる機能である。
脅威の検知、完全性の監視、インシデントレスポンス、コンプライアンスのためのエンタープライズ対応セキュリティ監視ソリューション
設定評価とポリシー監視
ルートキットおよびマルウェアアーティファクトの検出
オープンポートおよびネットワーク構成の監視
実行中のプロセスやインストールされているアプリケーションのインベントリ
ファイルおよびレジストリキーの整合性の監視
ログとイベントからのデータ収集
FENSEエージェントは、Windows、Linux、Mac OS X、AIX、Solaris、HP-UXなど、さまざまなOSに対応しています。

マルチプラットフォームのサポート

FENSEサーバーは、エージェントからのデータを評価し、デコーダーとルールを使用してイベントを処理し、脅威インテリジェンスを使用してよく知られたIOC(Indicators Of Compromise)を探索する役割を担います。クラスターモードで構成された場合、1台のFenseサーバーで数百、数千のエージェントからのデータを分析し、水平方向に拡張することができます。

また、サーバーはエージェントの管理ツールとしても機能し、必要に応じてリモートで設定やアップグレードを行うことができます。

さらに、サーバーはエージェントに対して、脅威が検出されたときに応答をトリガーするなどの指示を出すことができます。

高度なエンドポイントプロテクション

Fenseのケーススタディ

MSPとISP
˃ サービスプロバイダー向けに設計されたパートナープログラムについては、こちらをご覧ください。

˃ サービス提供にセキュリティのレイヤーを追加し、攻撃を未然に防ぐことができます。

MSPとISP

˃ サービスプロバイダー向けに設計されたパートナープログラムについては、こちらをご覧ください。

˃ サービス提供にセキュリティのレイヤーを追加し、攻撃を未然に防ぐことができます。
大学・研究施設
˃ 私たちがどのように主要な研究機関や大学の保護に役立っているか、ご覧ください。

˃ 企業の情報資産を保護し、コストのかかるサイバー攻撃を防止します。
˃ 私たちがどのように主要な研究機関や大学の保護に役立っているか、ご覧ください。

˃ 企業の情報資産を保護し、コストのかかるサイバー攻撃を防止します。

大学・研究施設

リモートワークとローミングユーザー
˃ モバイルワーカーを保護し、潜在的なオンラインの脅威を完全に可視化する方法をご紹介します。

˃ 従業員がどこで働くかを問わず、組織に対するリスクを特定します。

リモートワークとローミングユーザー

˃ モバイルワーカーを保護し、潜在的なオンラインの脅威を完全に可視化する方法をご紹介します。

˃ 従業員がどこで働くかを問わず、組織に対するリスクを特定します。

モバイルワークの監視と保護

リモートで作業にあたる従業員を保護し、効果的な組織のセキュリティポリシーを構築するために、今すぐ始めましょう。
ライブデモをご覧いただき、製品に関するご質問にお答えします。
デモを予約する
© 2022 Pipeline.Pte.Ltd. All Rights Reserved